ニキビ痕の治療

 

ニキビ跡の赤みが消えました

ニキビ跡の赤みが気になる方へ
赤みを消すことをあきらめていませんか

 


 

ニキビ後のケアを続けることで赤みは消えます。

 

ニキビ跡の赤みを消す方法

ニキビ痕と治療

ニキビ痕の治療にはどういったものがあるのでしょうか。

 

ニキビ痕はニキビが出来たことによる肌に残った傷跡です。
つまり、軽度のニキビ痕くらいや色素の沈着が多少見られるくらいであれば何もせずとも改善されていきます。
肌の生まれ変わりであるターンオーバーが起こる度に見た目にはどんどんと消えていくでしょう。
目立たなくなるには三ヶ月から半年くらいの期間は見ておいた方が良いですね。

 

何もしないでもと言っても特別なことは行わないだけで、毎日のスキンケアは欠かさずに行っていくようにしておきましょう。
このように軽度のニキビ痕ならそこまで気にする必要はありませんが、凹凸が出来るくらいにニキビ痕が残ってしまった時には、身体の持っている自然治癒の力で改善するのは難しいと言えるでしょう。

 

凹凸の出来てしまったニキビ痕を治療するとなれば、レーザー治療などを行っていく必要が出てきます。
ただしレーザー治療は健康保険の適応外となる可能性が高く、非常に高額となってしまいがちです。
ですので、仮にレーザー治療を受けたいと考えているのであれば、何軒かの医療機関で話を聞いてからにすると良いでしょう。
自己診療となる場合は金額の設定も医療機関によって決定されますので、医療機関によって金額や内容などが変わってくるからです。

 

軽度のニキビ痕治療と言うことであれば、薬物療法も効果が期待出来ます。
こちらは保健の適応範囲内で可能ですので、値段もそこまで高いものではありません。
薬物療法を開始したからと言ってすぐにニキビ痕が治療出来るわけではありませんが、ニキビそのものを外用薬によって抑えていく治療法となりますので思春期でニキビが多く出来てしまう人などでも治療を受けている方は少なくありません。