ニキビ痕 食べ物

 

ニキビ跡の赤みが消えました

ニキビ跡の赤みが気になる方へ
赤みを消すことをあきらめていませんか

 


 

ニキビ後のケアを続けることで赤みは消えます。

 

ニキビ跡の赤みを消す方法

ニキビ痕と食べ物

ニキビ痕と食べ物には深い関係があると言っても良いでしょう。
現代では食生活も欧米型に変化してしまい、脂っぽい食事が増えています。
これがニキビとも密接な関係があると言われています。
食事が身体に与える影響はとても大きいものですので、ニキビが気になる時には食生活を見直していきたいですね。
特にニキビに対して悪いのは脂っぽい食事やお菓子やジュースなどの糖分をたっぷりと含んだものとされています。
逆にニキビやニキビ痕に効果的だとされている成分としてはビタミンBをあげることが出来ます。
ビタミンBの中でも特にビタミンB2とビタミンB6は重要な成分となっています。
他にも、抗酸化作用のあるビタミンCもニキビ痕には効果的な成分です。
では、具体的にどのような効果があるのかを見ていきましょう。
ビタミンB2は皮膚の成長を促進する効果があり、ターンオーバーにも必要な成分です。
ビタミンB2が多く含まれている食品としては、牛乳やレバー、チーズなどの乳製品があります。
納豆、海苔、椎茸やうなぎなどにも多く含まれているので積極的に摂取していきたいですね。
ビタミンB6は皮膚を健康に保つ効果があるとされています。
ビタミンB6が多く含まれているのは、納豆、いわし、さば、マグロなどになります。
ビタミンCは抗酸化作用が有名ですが、色素沈着を防ぐ効果も持っています。
ビタミンCが多く含まれている食品は、ピーマン、キャベツ、ブロッコリー、イチゴなどが有名ですね。
基本的に野菜、果物類に多く含まれているものですので、、しっかりと野菜を摂取するようにしていくようにしましょう。