色素沈着

 

ニキビ跡の赤みが消えました

ニキビ跡の赤みが気になる方へ
赤みを消すことをあきらめていませんか

 


 

ニキビ後のケアを続けることで赤みは消えます。

 

ニキビ跡の赤みを消す方法

色素沈着が残るニキビ跡

ニキビができて治ったと思ったら何時まで経っても色が残っている場合があります。
なんとなく茶色っぽいシミのような色素沈着となって残るニキビ跡が気になる場合はどのようなケアをするべきなのでしょうか。

 

茶色っぽいシミのような色素沈着が残る原因は、炎症が起きたお肌を守ろうとしてメラニン色素が過剰に生成されてしまったことが原因です。
紫外線などの影響でお肌にシミができるのと同じ仕組ということです。
ということは、シミ対策と同様に本来であればそのまま放おっていても自然に薄くなっていくはずなのです。
ただ問題なのが自然に薄くなるのはお肌のターンオーバーの恩恵によるものなので、正常にターンオーバーが行われていなければ何時まで経っても改善することが難しいです。
特にニキビができる原因として、ターンオーバーが正常に行われないことから毛穴に皮脂や古い角質が詰まったことが原因であると考えられますので、恐らくそのままの生活を続けていてはまた同じことを繰り返すことが予想されます。
正しいケアを行なうことが色素沈着のニキビ跡を早く改善することに繋がるということを理解するようにしましょう。

 

具体的なケア方法としては、まずお肌のターンオーバーを促すように意識することが大切です。
基本は生活習慣を正すことが大切で、しっかりと睡眠をとり成長ホルモンが分泌されるといわれる夜10時〜深夜2時の時間帯にはしっかり眠っているようにしましょう。
更に栄養バランスのとれた食事メニューを心がけて、特に抗酸化作用の期待できるビタミン類を積極的に補給することをおすすめします。
また、ストレスもお肌の大敵となりますから適度に発散させるように軽い運動を続けることも必要です。
このような生活を続けることが健康的なお肌を維持するためにも大切だということを忘れないでください。
更に、正しいスキンケア方法として丁寧な洗顔と保湿を心がけましょう。
ターンオーバーを促すビタミンC誘導体などの成分が配合されたものを使用すると更に効果的です。