赤みが残るニキビ跡

 

ニキビ跡の赤みが消えました

ニキビ跡の赤みが気になる方へ
赤みを消すことをあきらめていませんか

 


 

ニキビ後のケアを続けることで赤みは消えます。

 

ニキビ跡の赤みを消す方法

赤みが残るニキビ跡

赤みが残るニキビ跡はどうして発生してしまうのでしょうか。
ニキビが炎症を引き起こしてしまい赤ニキビとなってしまうと、皮膚は一生懸命早く治そうとするために毛細血管が増える状態になります。
赤みが残っているように見えるのは実は毛細血管なので、赤ニキビのように赤く目立つのが特徴です。
一見すると赤ニキビと見分けがつきにくい感じがしますが、赤ニキビの場合は炎症を起こしていていまにもはちきれそうなくらいプクンと浮き上がっていると思います。
平らな状態になっているのであればニキビ跡であると判断できるのです。

 

赤みが残っているニキビ跡のケア方法としては、本来であれば放おって置いても自然に改善されるはずです。
皮膚のターンオーバーが正常に行われていれば次第に薄く目立たなくなっていきますので、そのうち気にならないほどになると思われます。
ただ問題なのが目立たなくなるくらいになるまでに日数を要するということです。
半年から1年くらいの期間は考える必要があることを覚えておかなくてはいけません。
また、炎症が治まっているかのように見えても実はまだ炎症が完治していない場合も考えられます。
もしも触ると痛みを感じたりする場合は確実にまだ炎症が治まっていない証拠なので、お肌の清潔な状態に保ち抗菌作用のある市販のニキビ薬や医師から処方された薬を使用するようにしてください。

 

スキンケア方法としては、とにかく清潔を保つように洗顔を心がけて、保湿を重点的に行なってください。
洗顔時はよく泡立てた泡を使って洗うことと、お肌の潤いを保つことを忘れないようにすることです。
メイク用品が不潔な状態ではばい菌が患部から入り込み炎症を悪化させる可能性もありますので、メイク時にも十分ご注意ください。

 

お肌のターンオーバーを促すためにも、十分な睡眠時間を確保して規則正しい生活を心がけることも必要です。
脂っこい食事を避けて、ビタミン類を中心に積極的に摂るように心がけることも大切です。