浸透力と化粧水

 

ニキビ跡の赤みが消えました

ニキビ跡の赤みが気になる方へ
赤みを消すことをあきらめていませんか

 


 

ニキビ後のケアを続けることで赤みは消えます。

 

ニキビ跡の赤みを消す方法

浸透力と化粧水

 

ニキビが出来たあとに起こる炎症やその後のニキビ痕、色素沈着などのトラブルには、お肌をゆるめて浸透力をあげることのできる化粧水を使用すると効果が倍増すると言われています。

 

ニキビやニキビ痕、色素沈着の改善に有効とされる化粧水の成分は、ビタミンC誘導体や植物エキスなど様々なものがありますが、浸透力のないお肌の場合、どんなに有効とされる化粧水などを使用してもその効果を得ることが少なく、改善することも難しくなるようです。

 

まずは、お肌の柔軟性をためのケアを行うことが大切です。
そのためには、古くなった角質が溜まってしまった状態のお肌ではいけません。

 

リブロスキンなどの化粧水を使用してお肌が美容成分を浸透しやすい状態を作るようにしましょう。

 

お肌に美容成分が浸透するようになってくると、少しずつお肌のターンオーバーも正常に整ってきます。

 

正常なターンオーバーは、約28日周期となっています。

 

まず、皮膚の深いところで新しい細胞組織が生まれます。

 

その後2週間ほど経過すると、肌細胞は細胞分裂を行いながら皮膚の表面へと押し出されます。

 

さらに2週間が経過すると、古い角質はアカとなってお肌の表面から剥がれていきます。

 

このお肌のターンオーバーがニキビなどの何らかの理由によって乱れてしまうと、ニキビの痕がいつまでも残ってしまったり、治ったと思ったニキビが繰り返しできてしまうような状況へと陥ってしまいます。

 

ニキビやニキビ痕、色素沈着を改善させるためには、まずはターンオーバーを正常に戻すことが何よりも重要なのです。

 

そのために、浸透力の高い化粧水を使うことが必要となってくるのです。