にきび痕 原因

 

ニキビ跡の赤みが消えました

ニキビ跡の赤みが気になる方へ
赤みを消すことをあきらめていませんか

 


 

ニキビ後のケアを続けることで赤みは消えます。

 

ニキビ跡の赤みを消す方法

にきび痕の原因

にきびというのは、見た目的には分からないのですが、微小面ぼうと言われる毛穴の詰まりから始まっています。
微小面ぼうが白にきびや黒にきびになり、それが進行すると炎症を起こして赤にきびになります。
さらに悪化すると、化膿して黄にきびへとなっていくのです。
白にきびや黒にきびの段階で正しいケアをして治れば、にきび痕が残ることはありません。
でも、炎症を起こしたり、化膿したりすると、いくら正しいケアをして治ったとしても、にきび痕が残ってしまうことがあります。

 

にきびが炎症を起こして、それが進行していくと皮膚の奥まで炎症が広がります。
真皮層など肌細胞が作られる部分まで炎症を広がっていくと、その部分の細胞は炎症によって死滅してしまいます。
細胞が死滅すると回復することが出来なくなるので、凹んでしまいます。
また、化膿が皮膚の奥まで広がると、皮膚の下で小結節が結合して腫瘍になってしまいます。
すると、皮膚の下で出来た腫瘍のために、肌が盛り上がってしまうんですね。
だから、肌が凸凹になるにきび痕が残ってしまうのです。

 

つまり、にきび痕の根本的な原因は炎症ということになります。
炎症が悪化というのは、主に間違ったケアや紫外線や摩擦など外部の刺激によって引き起こされます。
でも、実は肌の抵抗力や免疫力が低下してしまっていることも、炎症を悪化させる原因のひとつになっています。
ですから、にきび痕の原因を突き詰めていくと、肌の健康が損なわれていることが原因とも言えるんですね。

にきび痕は、いかにニキビができた後のケアをするかで違ってきます。黄ニキビが悪化して真皮にまで達したとしても、すぐに処置をすることでニキビ跡をわからなくするように導くことも可能だからです。にきびはできてしまったから仕方ないとか、治ったからもういいだろうというのでは、後々の困ることになるのはわかっています。
できるだけ、肌がかかる負担を減らすような努力をするだけで、ニキビ痕で悩むことも少なくなるでしょう。化粧を濃くしなければならないほど、気にすることがないよう、少しでも目立たなくさせるような努力をしていきましょう。