にきび痕 種類

 

ニキビ跡の赤みが消えました

ニキビ跡の赤みが気になる方へ
赤みを消すことをあきらめていませんか

 


 

ニキビ後のケアを続けることで赤みは消えます。

 

ニキビ跡の赤みを消す方法

にきび痕の種類

にきび痕には、3つの種類に分かれます。
赤みが残るタイプ、色素沈着をしてしまうタイプ、凸凹のクレータータイプ。
それぞれのタイプによって、その原因が違ってきます。

 

赤みが残るタイプ

赤みが残るタイプは、普通のにきびと見分けがつきにくいのが特徴。
だから、間違ったケアをしてしまって、なかなか治らないことが多いのです。
炎症を起こしているにきびは赤く膨らんでいますが、にきび痕の場合は赤みがあっても膨らんでいません。
これが見分け方のポイントです。
赤みが残るにきび痕の原因は、にきびの炎症によって起こる毛穴のうっ血です。
うっ血が、にきびが治った後も残ってしまうため、肌が赤くなってしまうんですね。

色素沈着タイプ

にきびが治った後に、茶色や紫色のシミのような痕が出来ていたら色素沈着タイプです。
茶色の色素沈着は、にきびの炎症によって活性酸素が大量に分泌されることが原因で起こります。
活性酸素がメラニンを作り出し、それがシミとなって表皮に出てくることで茶色の色素沈着が残るのです。
紫色の色素沈着は、にきびの炎症で毛穴の周りの毛細血管が破裂したことが原因になります。
毛細血管が破裂すると、その部分が紫色になるので、紫色の色素沈着タイプのにきび痕が出来てしまうのです。

凸凹クレータータイプ

クレータータイプの原因は、にきびの炎症が皮膚組織を破壊することで起こります。
皮膚組織が一度破壊されると、いくらターンオーバーが活発でも再生されることはありません。
そのため、破壊された部分の皮膚は凸凹になってしまい、クレーター状のにきび痕が残るんですね。