ニキビ痕 クレーター

 

ニキビ跡の赤みが消えました

ニキビ跡の赤みが気になる方へ
赤みを消すことをあきらめていませんか

 


 

ニキビ後のケアを続けることで赤みは消えます。

 

ニキビ跡の赤みを消す方法

にきび痕とクレーター

赤にきびや黄にきびなど、炎症がひどくなったり化膿したにきびまで進行してしまうと、クレーター状のにきび痕が残ります。
にきび痕にはいくつかの種類がありますが、クレータータイプは一番多いにきび痕と言えるでしょう。
と言うのも、にきびの炎症は正しいケアをしないと、どんどんひどくなっていきます。

 

にきびのケアにはいろんな方法がありますが、にきびの症状に合わせたケアが必要です。
だけど、にきびの症状ではなく、「治る」と言われるケア方法を実践している方が多いんですね。
間違ったケアをしてしまえば、当然ですがにきびは治ることがありませんし、逆に悪化していきます。
そのため、赤にきびや黄にきびまで進行してしまい、その結果にきび痕がクレーターになってしまうのです。

 

にきびが進行するとアクネ菌が増殖しますが、免疫細胞はアクネ菌と戦って増殖を防ごうとします。
でも、その戦いによって細胞が死んでしまい、それが膿となって残ります。
また、真皮は炎症のダメージを受けるので、それを修復しようとして大量のコラーゲンが作られます。
このコラーゲンが変異したものは瘢痕組織と呼ばれていて、にきび痕を悪化させクレーター状にする原因となってしまいます。

 

にきび痕がクレーターになってしまったら、はっきり言って自分で治すことは難しいでしょう。
この瘢痕組織を正常な状態にするには、医学的な治療が必要となります。
にきび痕の種類の中でも、クレーターは目立つのに治すことが難しい、一番厄介なものなんですね。