思春期ニキビは早めに治しましょう

思春期ニキビは、早めに治すようにすることを心掛けてください。
早め早めに治していかないと、ニキビが悪化してクレーターのようなニキビ跡になってしまいます。
必ず、ニキビ痕になるとは限りませんが、
クレーターは、皮膚の真皮にまで届いた傷のようなものです。

火傷を思い返していただければ、わかりやすいのではないでしょうか。
火傷の痕というのは、なかなか治りませんよね。
あれが目立たなくなるのは、ターンオーバーを繰り返して、傷が目立たないようになったからです。
ニキビ跡も同様です。
ターンオーバーを繰り返すことで、ニキビ痕を目立たなくさせるのです。

そうでなくても、ホルモンバランスが崩れやすくなっている年頃です。
また皮脂の分泌も、多くなってくる頃でもあり、
さらには、日焼け止めもせずに体育の授業やクラブ活動で紫外線を直接浴びてしまいます。
皮脂は紫外線に反応して、アクネ菌が活発になり、単なる思春期ニキビが悪化してしまい、
クレーターという跡ができてしまうかもしれません。

そうなると、簡単にクレーターを目立たなくすることは難しくなります。

新陳代謝が活発なので、ターンオーバーもきちんと繰り返されるでしょうが、
傷は傷です。
目立たなくするのは、大変難しくなります。

成人してから、ニキビを放置していたと後悔しても遅いのです。
思春期ニキビの段階で、しっかりニキビケアすることが、一番良い方法なのです。

もしも、ニキビを放置しているのなら、まずは洗顔から始めて、
これ以上、ニキビが悪化するのと、増えるのを防ぐように努めましょう。

あわせてお読み下さい


コメントは受け付けていません。