コメドって何だろう?

黒ニキビについて調べていたら、コメドって言葉に行き当たりました。
このコメド、面皰とも言われているようですね。
コメドとは、毛穴に皮脂が詰まったものを言うそうです。

毛穴がちょっと開いていて、皮脂が詰まっている状態がわかるもの、
これが黒いボツボツに見えるので、黒ニキビと言うようですね。
ちょっと難しい言い方すれば、開放面皰って言うそうです。

なるほど!
それで、黒ニキビは上手に芯だけ取り出せば、痕になることなく
綺麗に治るって言うのですね。

この段階なら、毛穴に詰まった皮脂がなくなって綺麗になれば、
何の問題もないのだろうということは推測できます。
この状態を見逃してはいけませんね。

それでは、毛穴が開いていなかったらどうなるのかな?
って思ったら、それが閉鎖面皰と言うそうです。
想像通り、これは悪化しそうです。

なんと言っても出口がなくて、異物があれば、
炎症を起こしても不思議がないですからね!

あごなどにできることが多いそうで、触るとしこりがある感じ・・・
すごく思い当たりませんか?
それでついつい触ってしまって、悪化するというパターン!

この段階でのケアが重要なのがよくわかります。
しっかりケアして、悪化させないことです!

あわせてお読み下さい


コメントは受け付けていません。