11月 26

思春期ニキビは、食べ物を改善して体質改善

角栓やニキビ改善や毛穴の開き改善の基本として油脂が多い食べ物を減らすことです。そしてごしごし洗わずに泡で優しく洗うことも大事です。紫外線を浴びないよう日焼け対策もして、ストレスをためずに気長に食生活や生活習慣を改善するとだんだんきれいな肌に回復してきます。

誰もが気を付けねばならないこと、油脂の多い食べ物は控える
これにつきますね
ごしごし洗うとか、紫外線を浴びないようにするというのは、二次的なことです
まず、自分自身の体質改善が重要で、体質改善まで辿りつかないとしても、食生活を変えることで、自分の体の中はかなり変化します
思春期は、食生活の影響が特にでやす分、治るのも早いです
もちろん、蓄積された分が多ければ多いほど、時間を必要としますが、そうしたことと同時進行で、洗顔や紫外線対策などを行っていきましょう。

参照ページニキビ跡と食べ物

11月 02

ニキビ・ニキビ跡がつるん肌になる

ニキビができる原因は、人によって異なる
そのため、ニキビが治るまでの過程も人によって異なる
そういう、わかりやすいYouTubeです

白ニキビ・黒ニキビ・赤ニキビといった症状によっても異なるのがニキビです
洗顔にだけ頼っていては駄目・・・そう動画では流れていますが
最近は、ニキビ専用の洗顔石鹸もあるので一概にそうだとも言えないのかとw

ニキビ跡や、赤みを治したい方は
こちらを参考にしてください → ニキビ跡を治す方法

10月 30

シミ・そばかす・ニキビ跡を隠す

いざという時の、シミ・そばかす・ニキビ跡を隠す方法です

なるほど!

コンシーラーを、こうやって使えば

目立たなくすることができるんですね

ニキビ跡を治すではなく、隠す

見事にわからなくすることができましたw

いざって時に、知っておくといい便利です

10月 29

ニキビ跡を治す方法 赤みが残るタイプはビタミンC誘導体の化粧水

ニキビができるだけでも大変なのに、ニキビ跡が残るのは女性、男性を問わず思春期にはショックなことです。
毎日鏡の前で、にらめっこしている方も多いのではないでしょうか
ニキビが治っても赤みだけ残ってしまうタイプは、場合によっては10年ぐらいも残ることがあるそうです。

ニキビ跡の赤みを早く消したいという場合は、ビタミンC誘導体の化粧水を使うのが唯一と言ってもいいぐらい良いそうです。
動画では、オールインワンの化粧品をすすめていますが・・・

参照ページ ニキビ跡の赤みを消す

10月 29

ニキビ跡を治す方法 凹凸(クレーター)はこうして改善!

今回紹介するYouTubeは、ニキビ跡を治す方法です。
特に陥没がひどい場合、ピーリングをオススメしています。
陥没がひどい場合は、何の躊躇もなく皮膚科・・・できればニキビ治療を専門でしているような病院がいいでしょう。
凸凹クレーターが、はっきりわかっている場合
これは完全に治療の範囲内です。

凸凹クレーターがひどくない場合は、ターンオーバーをさせること
やはり定番ですね!!

ニキビ跡に限らず、ニキビを治すポイントはターンオーバー
こちらのサイトでも確認してみてください。

ニキビ跡を治す方法

10月 28

ニキビに効果が期待できる正しい洗顔

少し・・・かなり意訳が入っているかもしれませんが、これをやれば絶対にニキビも解消できると思われる洗顔方法が動画になっていましたので載せておきます。

動画の概要でも少し時間がかかりますがという注釈がついています。

確かに、この動画で6分ですから、これまで洗顔に手抜きしてきた人には大変かもしれません。しかし、これを続けていれば、かなり綺麗な肌を取り戻すことができるんじゃないでしょうか。

ニキビ専用の洗顔石鹸とかを利用すれば、更なる効果も期待できそうですね。

参照ページニキビ跡を治す方法

 

6月 11

思春期ニキビの基本は洗顔

思春期にできるニキビは、顔中の至る所にできるものです。その典型的な例が、おでこにきびだったりします。
特徴的なのが皮脂分泌過多ではないでしょうか。
これは、遺伝的要素が強いと言われています。またお菓子の食べ過ぎによる食生活の問題などが考えられます。
ホルモンバランスも崩れやすい時期なので、基本的なニキビ対策は洗顔ということになります。

続きを見る

5月 27

繰り返すニキビ

こうなると、なんともかわいそうになってくるのが、思春期の女の子のニキビです。
毎日、必ずニキビケアしているにも関わらず、生理が近づくと、おさまっていたニキビが一斉に吹き出してきます。
親が言うのもどうかと思うのですが、毎日勉強よりもケアに気を付けています。

続きを見る

5月 23

食べ過ぎとニキビ

高校生の娘、中学生の息子、共に中間テストが終了しました。
よほど、遊びたかったのか、娘は早速友達の家へ泊まり込みで遊びに行ってしまいました。
片や男の子の方は、クラブ活動にせっせと通う毎日。
こんな生活で、どちらもストレスから解放されたのか、食べ過ぎと言っていいほど
沢山のお菓子屋ら、ご飯を食べ始めました。
すると、ニキビもそれに反応して・・・

続きを見る